液状化対策をして大切な命を守ろう|地震大国で暮らす秘策

作業者
  1. ホーム
  2. 火事を事前に防ぐために

火事を事前に防ぐために

作業員

防火対象物点検とは、防火に関する知識を持った防火対象物点検者が対象の建物に対して防火基準を満たしているか確認することをいいます。主に建物の責任者との面談、消防に関する届出が提出されているか、避難口や通路の確認などを調査します。これらの点検で消防長または消防署長が防火対象物として優良だと判断した場合には点検報告が3年間免除される特例制度に認定されます。ただし、この特例制度には、消防機関に連絡したうえで消火訓練や避難訓練を年2回以上実施する必要があるなどの認定要件に該当していなければなりません。防火対象物点検を行っていなかったり、嘘の報告が見つかった場合には30万以下の罰金か勾留があるので注意しなければなりません。防火対象物点検をすることで、建物の責任者に対して防火管理の義務を徹底させることを目的としています。

多くの人が利用する建物に対して、火事が起こってしまったときに多くの死者や怪我人をださないためにも事前に対策が必要です。万が一、家事が起こってしまったときに備えて消防用設備や避難口、避難通路の確保はとても大切なものになります。また、実際に避難する際に多くの人がパニックにならずに迅速に避難できるように訓練しておくことが重要です。火事になる原因が高いガスの管理にも日々注意しなければなりません。対象となっている建物には消防署から事前に通知書が送られてくるので、届いたら必ず消防署に連絡を入れる必要があります。防火対象物点検をきちんと行うことで、多くの人が安心して利用できる建物の環境づくりを目指すことができます。