液状化対策をして大切な命を守ろう|地震大国で暮らす秘策

作業者
  1. ホーム
  2. 地震のある国だからこそ

地震のある国だからこそ

地盤改良

土というものはすべて同じように見えますが、さらさらと砂のようなものであったり、粘質性が高かったりと、いろいろなタイプがあります。建物を建てる時にどのようなタイプの土の上に建てるのかということは、重要なことです。というのは、日本という国は地震が多く、地盤がしっかりしていないと建物の付け根から倒れてしまうことになってしまうからです。地盤がしっかりしていないのであれば、それを補うために支柱を太くそして深く作ることが必要になります。どの程度の支柱が必要になるのか調べるのが地盤調査です。地盤調査というと大きな建物を建てる時に行われると思われがちですが、通常の家を建てる時にも行うことができます。昔は海だったところや沼だったところを埋立している地域も多く、地震の時には液状化する恐れもあるので、どの程度液状化が起きやすいか把握するためにも地盤調査は有用です。

地盤調査をきちんと行うとすると多大な費用が必要になります。個人宅で本格的な地盤調査を行うのは負担になります。自治体によっては、インターネットで大まかな地盤調査が公表されているので、自分の建てたい地域がどのような地盤であるのか知ることができます。家を建てたい地域が地盤が軟弱であると分かったら、きちんと調べてから家を建てることをおススメします。というのは、地震が来なくても自らの重みで家が沈んでしまい傾く恐れがあるからです。傾きが大きい場合は住まいとして機能しなくなることもあるので、しっかりとした支柱を建てなくてはなりません。建売住宅の場合はすでに家が建ってしまっているので、地盤のことは忘れがちになってしまいますが、あらかじめその地域の地盤を調べ、支柱の必要性を確認しておくと、安心して住み続けることができます。