液状化対策をして大切な命を守ろう|地震大国で暮らす秘策

作業員

快適に暮らすために必須

工事

地質調査では、地盤の状態や汚染の状態などを調べてもらう調査である。住宅建設を行う場合には、地盤の緩みなどを調べてもらうことで、調査結果に基づき地盤改良などを行うことができる。それにより、安心して住宅建設などができる。

地震のある国だからこそ

地盤改良

日本は地震が多い国なので、地盤の影響で家に被害を与える可能性があります。そうならないためにも家を建てる前に地盤調査をしておくことが大切になります。地盤が十分に固くない地域であれば、それを補うための支柱をつくることが重要になります。

自身から家を守るために

工事現場

地面の形状を変える

地震などが原因で起こる地面の液状化ですが、家を守るためには、最初から液状化対策を施さなくてはいけません。その方法としては、様々なものがあります。まずは、地面の形状を変えるという方法です。サラサラした砂状の地面であれば、水分を含ませて固くします。緩い地面であれば、液状化しそうな層に重機を入れてそこに砂などを押しこめます。そうすることによって、地面が横の方向に圧縮されて強固な地面が出来上がるのです。また、地下水がある場所だった場合などには、家を建てる前に水をどこかへ排出してしまうという方法があります。全て取り去ることが出来ない場合でも、水位を低くする必要があります。以上のような液状化対策を行うことによって、安全な地面を得ることが出来るのです。

他に注意すべきこと

また、液状化対策の根本的な対策として、家を建てようとしている土地が元々はどのような場所だったのかを把握することです。元々が泥炭地であったり、水分が多く含まれている場所だったりしますと、家の下の地面だけを強固にしたとしても、周りが液状化してしまえば余波を受けて液状化してしまうのです。自分で調べるという手もありますが、施工会社や不動産会社に聞いてみると良いでしょう。続いて、家の下に入れている基礎が、液状化に耐えることが出来るのかどうかということも大切です。液状化が起こった際、基礎や杭などがすぐに崩壊してしまうようでは困りますので、どの程度耐えることが出来るのかということを把握しておきましょう。事前に得る知識も、立派な液状化対策の一環なのです。

火事を事前に防ぐために

作業員

防火対象物点検とは、多くの人が利用する建物に対して防火基準に満たしているか調査するものになります。建物の責任者は防火対象物点検を必ず年1回は行う義務があり、多くの人が安心して利用できる建物の環境づくりをしていかなければなりません。